湯川秀樹のノーベル賞+関連動画6【大特集】



湯川秀樹(ゆかわ ひでき、1907年(明治40年)1月23日 – 1981年(昭和56年)9月8日)は、日本の理論物理学者。京都大学・大阪大学名誉教授。京都市名誉市民。1943年(昭和18年)文化勲章。位階勲等は従二位勲一等旭日大綬章。学位は理学博士。

京都府京都市出身。 原子核内部において、陽子や中性子を互いに結合させる強い相互作用の媒介となる中間子の存在を1935年に理論的に予言した。1947年、イギリスの物理学者セシル・パウエルが宇宙線の中からパイ中間子を発見したことにより、湯川の理論の正しさが証明され、これにより1949年(昭和24年)、日本人として初めてノーベル賞を受賞した。(参照元 Wikipedia)

スポンサーリンク

湯川秀樹博士のノーベル賞を受賞した業績関連


4つの力(重力、電磁力、強い力、弱い力)(基本相互作用)のうちの強い力をどのように定式化すればよいか、当時問題になり、いろいろな試みがなされたが、成功しなかった。

湯川は、電子の200倍の質量を持つ中間子を、力の媒介粒子(ボーズ粒子)と仮定して、核力である強い力を導くことに成功した。さらに、強い力からフェルミの弱い力を導いた。中間子論は、弱い力、強い力、両方を含む理論として、当時は最も基本的な場の理論であるとみなされた。また、力を粒子が媒介することをも明瞭に示し、場を生み出す粒子という考えを定着させた。

ただし、電子が強い力を伝えるという考えをハイゼンベルクが、湯川以前に提示している。しかし、電子は以前から存在が知られ、理論としても失敗だったので、場を担う粒子という考えは、確立されていなかった。

ハイゼンベルクやボーアは、観察されていない素粒子で場を説明する湯川に否定的であった。ボーアは湯川に、ハイゼンベルクは朝永にこのことを告げている。

以上の理由で、湯川の、強い力を生み出す中間子論は素粒子論の扉を開いたと、当時評価された。

湯川は、強い力の中間子論でノーベル賞をもらったが、これに驚き、自身のこれ以後の仕事を、場の量子論で自ら見出した問題の解決に力を注いだ。しかし、この研究は成功しなかった。(参照元 Wikipedia)

スポンサーリンク

湯川秀樹博士の関連動画

湯川秀樹〜茂木健一郎の感慨深い話

湯川博士の肉声

湯川博士の逝去の際のニュース映像

どこかで引用したい湯川博士の名言をまとめた動画

研究資源アーカイブ映像ステーション提供「湯川秀樹 その人」

以下動画の「文字お越し」です。
機械翻訳ですが、ご参考ください。

湯川秀樹は明治40年1907年
7人きょうだいの5番目の子として東京麻布の小川家に生まれた
地理学者の父た9時は紀州の近く者の家に生まれたが上京して同郷の小川家の養子に
なり東京帝国大学に学んだ

養父の小牧つも小川家に養子に入った人で
福沢諭吉に学んで師範学校の校長を務め
娘の粉雪を教養ある女性に育てた
秀樹の母である
父親が兄弟の行樹になり一家は京都に映る
両親の願いをすべての息子を学者にすることだったと言われるが戦死した後何を除き
全員が一流の学者になった。

秀樹は学校に上がる前祖父ディし正午今日の素読で鍛えられ
古今東西の小説を読みあさる本の虫になったが小学校では数学が得意だった
中学に上がる前等差級数の総和を求める方法を自分でこうあるし
兄が中学の台数で教わって帰ったとき
小学生の英樹が知っているので家中が驚いた

京都府立一中に入るとユークリッド幾何の魅力に惹きつけられる
また難しい問題に自分流の解き方で解凍したときの喜びに行きがいい女将ジった

中学4年の時にアインシュタインが大日
大きな学問の世界を感じ自分を取り巻く氷にひびが入った
そして参考海苔加工類に入学
最初の頃は哲学書を読み漁っていたが2年になって今日泊まる前で見つけた
一冊の洋書第ヘの量子論で新しい物理学が誕生しつつあることを知った

20世紀最初の年ランクは熱放射の問題を量子仮説で解決し
アインシュタインは光の粒子説を唱えて光は何だとする古典物理学に打撃を与えた
フォンはは原子の構造論に光の発生機構のアイデアを加えて新しいん物理学に道を開いた

秀樹にはライヘの本を読んだとしにも溝労委は物質粒子の波動説を提唱
まさに両市で器楽関西の前夜であった
本校の最終学年ででき学の授業があり
両津から朝永振一郎が加わった
2人は新しい物理学の同行者になった

原子の世界を説明する理論作りは某はを中心に展開される
その中に一人の日本人がいた
理研のにしないよ塩である
そこにまだ24歳でドイツのハイゼンベルクが独自の行列力学を引っさげて登場した
連氏から出るスペクトル線の実験結果を行列という数学を使ってそれらが従う方程式を書き下ろした

翌年オーストリアのシュレーディンガーは溝労委の物質派の理論を発展させ
波動力学を発表した
その翌年ビルスのディラックらは行列でき月と波動暦学が同等なボロであることを証明し
量子力学は成立した

量子力学が成立に至る最終段階は兄弟に在学中の3年間に起こった出来事である
新着雑誌をむさぼるように読みディラックの真新しい
相対論的電子論をテーマに卒業論文を書いた
卒業後朝長とともに京大の研究室に残り手探りで量子力学の勉強を続ける

この年の秋量子力学の立役者2人が大学
理研に復帰した西永公園の開設に当たった
ハイゼンベルク28歳
リラック27歳
りじゅり歳になったばかりの小川は年齢に不足はないと意欲を燃やす
行く手には強力な悪魔が立ちはだかっていた

電磁場を量子力学的に計算するとエネルギーが右舷弾になる
世界中の学者を悩ませているその悪魔お前
文等の頭皮を過ごしていった

そこに悲劇の人生に転機をもたらす2つの出来事が起こる
一つはラザフォードが原子核を発見した際に予言していた
中性子が発見されさらに加速器による粒子の衝突実験で原子核の人口変換に成功したこと
もう一つはこの年の秋に大阪今橋の開業医湯川家の婿養子になり結婚し翌年には
新しくできた大阪帝大の講師になった

そこには-中性子らの原子核研究部ループがあった
ヨーロッパの物理学者が先を争って原子核の新しい問題に取り組む中で湯川は容姿と
中性子を固く結びつけている日から各力に着目した

ブーブー場の量子論の考え方による電気の力はこうしのいだり取りで発生する
講師はキャッチボールの束の役目をしているのである
容姿と中性子の間に働く核力でキャッチボールの魂の役目をしている素粒子は何か
折から湯川の選定を打つかのようにイタリアのフェル気がデータ崩壊の理論を発表し
中性子が電子とニュートリノを出して容姿に変わるという過程でベータ崩壊を説明した

それを知った湯川はキャッチボールの魂に相当する粒子を既存の粒子に探すことを止め
どのような粒子が核力の場にふさわしいか
新粒子の性質に目を向けたそしてあることに気づく
各力の到達距離は10兆分法全治程度と分かっている

湯川が気づいたのは到達距離と媒介粒子の質量とが互いに逆比例するということである
そこから推定される粒子の質量は電子の200倍程度
ブロンこのような粒子は発見されていない
湯川はこの考えを論文に求めて世界に発表した

2年後には世界的に注目されるようになり
仮定した粒子の質量が陽子と電子の中間にあたることから中間しっと呼ばれた
湯川が27歳で発送した中間子は12年を経て第二次大戦後日本一件で発見された
湯川秀樹は物理学の本場ヨーロッパに一度も留学することなく自力で研究し現代物理学
に不滅の足跡を残したのである。


 

研究というものすごく地味なことの積み重ねが進歩を生む

「継続は力」といいますが、それは正しくないように思えます。正しくは・・

「継続はもの凄い力」なのだと思います。
研究者の方々には頭が下がります。(感謝)

【ノーベル賞 関連記事】
ノーベル賞 日本人【歴代受賞者一覧】など大特集
ノーベル賞 韓国の反応動画【大特集】2019
2019ノーベル賞 日本人有力候補【予想45名】一覧

スポンサーリンク



関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ