【包丁の選び方】料理初心者がそろえる包丁の種類



「弘法筆を選ばず」なんてウソです!
世界中でその切れ味を評価されるのが日本の和包丁です。
日本人だと和包丁と海外の包丁の違いがよくわかりませんが、やはり良い包丁があると素材のおいしさが生きてきて料理を作るのが楽しくなってきます。
なぜならばスイスイ面白いように切れるからです。

でも料理の初心者だとあまりにたくさんある包丁の種類からどんなものを選べばいいのかよくわかりません。初心者ですごい料理は作れないから、安い包丁でいいのか?最初からちゃんとした包丁で長く使った方がいいのか?

こちらでは
————————————————————
【包丁の選び方】料理初心者がそろえる包丁の種類
うんちく・良い包丁を使えば料理上手になる?
————————————————————

スポンサーリンク

【包丁の選び方】料理初心者がそろえる包丁の種類

包丁はとりあえず1本あれば日常の食事作りはなんとかなりますが、細かい用途に応じた包丁を数種類そろえておくとやはり便利です。

料理初心者がそろえておいた方がいい包丁とは?

三徳包丁・ペティナイフ・出刃包丁の3本
過程で料理をするなら万能の三徳包丁、細かい作業ができるペティナイフ、魚やかたいものが切れる出刃包丁の3本があればなんとかなります。

【和包丁】菜切包丁と牛等を合わせた形状です。野菜だけじゃなく肉や魚も切ることが出来る、万能包丁と言います。両刃。
 

【和包丁】重み、厚みのある片刃の包丁。魚介類や鶏肉などをさばき、おろすのに用いられます。刃元で骨ごと叩き切るといった使い方やカボチャなど固い野菜を切るのにも向いています。
 
 
【洋包丁】牛刀を小型化したものがペティナイフです。野菜やフルーツの皮むきや面取り、飾り切りなど細かい作業に向いています。
 

包丁の選び方

自分で手に取って手に合うサイズで安定感があるもの

包丁はお値段もピンキリですし、スーパーやネットショップでも気軽に購入することが出来ます。
ですが、包丁に自分をあわせるのではなく、自分にあった包丁を選ぶ方が料理がぐんと楽になります。
その為の包丁選びのポイントとは以下のモノです
■刃渡りや重さが自分の手に合ったサイズ
和式柄~持ち手棒状の木材で軽く手触りがいい。手入れが難しく差込口の部分から水が侵入して錆させてしまう方が多い。(修理は庖丁屋ですぐに直すことが可能です)
洋式柄~庖丁の柄の部分に合板木材のような強度のある素材を手の形に合わせてつけたもので、このように作られた庖丁を洋庖丁~和式より重たいがバランスが良く、強度もありお手入れも簡単です。
ステンレス柄~庖丁と一体型になったステンレスの柄で、食洗器で洗えたり、煮沸消毒ができ衛生面が安心。ですが滑りやすい、温度によって冷たいというデメリットもあります。
■刃先に刃こぼれや割れなどがない
■利き目で柄の背の部分から歯を透かし見て、曲がりやゆがみなどがない
■刃が柄にしっかりと収まりグラグラしない

0000000-sellingpoint
いくらくらいの包丁がいいの?

ご家庭用なら1万円前後がおすすめです

包丁の価格はピンキリですが、いくらくらいの価格のモノがほど良いのか?素人にはわかりにくいものです。
包丁は数千円から10万以上のものまでありますが、ご家庭用の万能庖丁としては、価格帯として1万円~2万円のものが手ごろになります。
包丁はお値段なりの使い勝手の良さがあり、高ければ高いなりの切れ味の良さがあるからです。
三徳庖丁なら1万円から2万円、ペティナイフなら1万円前後、出刃庖丁なら1万5000円前後が品質としても良く、購入される方が多い価格帯となります。ちゃんとお手入れすれば20年は使えますのでそれで1万円前後なら高い買い物ではなさそうです。

スポンサーリンク


良い包丁を使えば料理上手になる?
答えはYESです。
もし「自分は不器用で料理ヘタ」など思っているならそれは、切れ味の悪い使いにくい包丁を使っているからかもしれません。
切れ味の良い使いやすい包丁を使うと、いつもより細く・薄く・繊細に気持ちよくスーッと食材を切ることが出来ます。余りに気持ちよく切れるので「けっこう料理できるんだ!」とその気になる事は間違いありません。もちろん、切れ味が良いと慎重に扱うべく緊張感も強くなりますが、適当な気持がなくなる方がケガする確率も低くなります。
美しくキレイな料理を作ろうという意欲は包丁1本で湧いてきますので、料理に真面目に取り組みたい方はまずは包丁からそろえることをおすすめします。

スポンサーリンク



関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ