足立花火大会2018穴場や屋台と駐車場【風向き速報】



こちらでは
足立の花火・・について、花火の見やすい場所や穴場、駐車場マップ、屋台(出店・露店)、最寄り駅などについての情報を【風向き速報】とともにお伝えいたします。

midokoro-hanabi

足立の花火の魅力は、花火との近さにあります!臨場感を楽しみたいなら足立の花火。しかも、1時間で1万2000発 打ち上がる花火大会は充実感も満点

見所は、足立の花火名物のナイアガラとラスト6分の怒涛の連発!贅沢なプログラムの花火大会です!

スポンサーリンク

 

足立花火大会2018 開催日程と時間

足立の花火は、大正13年の千住新橋の開通を記念して行われた「千住の花火」を始まりとする歴史ある花火大会です。

【開催日時】2018年7月21日(土) 19:30~20:30
※荒天時は中止。

【会場】 荒川河川敷(足立区千住大川町先)千住新橋~西新井橋間

adachi-hanabii

【打ち上げ数】 約12,000発
       打上花火、スタ-マイン、小型煙火、仕掛花火(足立名物のナイアガラなど)

花火大会打ち上げ数全国ランキング100

【例年の人手】 58万人

花火大会人出ランキング全国300

【有料観覧席】 あり 公式販売ページ参照
販売期間平成30年6月23日午前10時~平成30年7月20日午後11時59分
※ただし、売切れ次第終了 

【トイレ】 詳細地図
 南側~(北千住・堀切・鐘ヶ淵側)     
  7か所 (うち2か所会場両端にバリアフリートイレあり)
 堤防側(北側)~(梅島・五丹野・小菅側) 
  12か所 (うち1か所会場中央にバリアフリートイレあり)
 
【屋台・出店・露店】あり
河川敷には原則屋台の出店が禁止ですが、屋台はすこし会場から離れればたくさんあります。特に屋台が集中しているのは北千住から会場付近の土手までの道のりになります。屋台も楽しみい方は早めに北千住駅向かい時間を確保する必要があります。

スポンサーリンク

足立花火大会へのアクセス

hanabi-3s

電 車 

~南側~
・【北千住】地下鉄(千代田線・日比谷4番出口)・・・南東へ 約1188m 徒歩15分~
・【北千住】東武・つくばEx駅 (西出口)・・・南東へ 約1243m 徒歩15分~

~堤北側~
・【五反野】東武伊勢崎線・日光線出口・・・東へ 約1472m 徒歩21分~
・【小菅】東武伊勢崎線・日光線出口・・・東へ 約1521m 徒歩22分~
・【梅島】東武伊勢崎線・日光線出口・・・北へ 約1560m 徒歩22分~

バ ス

路線バスは、平常どおり運行致します。
ただし、草41系統につきましては、梅田町付近規制のため、千住桜木~足立梅田町間は、
午後6時頃~終車まで運休します。
※千住桜木~浅草寿町間を折り返し運転致します。

はるかぜ
千住循環バスは車両通行規制開始後、終バスまで運休します。小台・宮城、堀之内・椿循環バスは一部通行規制内のため、迂回して運行致します。詳しくは停留所または車内のお知らせをご覧ください。

首都高速中央環状線(内回り・外回り)
千住新橋出入口閉鎖
午後6時~午後10時頃

※通行禁止区域あり(一般道路)
午後6時~午後10時頃

【駐車場】 ・・・残念ながら無料駐車場はありません
     そのため以下に有料パーキングの地図を用意いたしました。

荒川側の有料パーキング

埼玉側の有料パーキング

スポンサーリンク

風向き速報チェック!

足立も荒川をさかのぼる東からの風が多いです。

もし、風下(かざしも)に回ってしまった場合、せっかくの花火がこんな感じに見えてしまいます・・・


Σ(゚Д゚;) エッ!


 

そこで!

出かける前に、風向きをチェックして、見物場所を感がえましましょう!

以下のページから1時間ごとの天気(風向き)予想が見れます!

0000000sita-ya

Yahoo!風向き予報
(東京エリア)

当日の風向きを考慮して、どの方向から見るか決めるのがよいでしょう。「有料席よりよかった!」なんていう花火観賞ができるスポットが見つかるかもしれません。

以下に、おすすめの「穴場スポット」「人気スポット」をご紹介いたします。
 

西新井側の河川敷

おすすめの理由は、北千住側の一般席では、7、8時間前から場所取りをしている人も多いのですが、反対側のこちら梅島・西新井側では、2~3時間前からでも場所取りが比較的スムーズなんです。また方角の関係で、スカイツリーも見れるため花火大会に来たようすをインスタにUPするにも、いわゆる「インスタ映え」する方向なんです。

荒川・扇河川健康公園パークゴルフ場周辺

打ち上げ場所から距離はやや離れますが、扇大橋周辺は混雑せずに鑑賞できます。

虹の広場

千住新橋と常磐線との中間に位置する、こちら「虹の広場」は、打ち上げ場所からは距離はありますが、その分、会場の「大混雑」を避けつつ花火鑑賞を楽しめます。

各会場の特徴と込み具合

足立の花火大会は
荒川の河原は広いので、混んではいますが、見られないなんてことは絶対にありません。
駅の込み具合を覚悟できるならどこの会場でも楽しめると言えるでしょう。

【北千住】

とにかく近くで見たいという方!

早い時間から行けるなら「千住新橋」を越えた土手下の方が迫力ある花火を見られます。
相当な人出ですがスペースは結構ありますよ。

良い点・・・花火が近い

屋台や出店も沢山あるので、花火+お祭り気分を味わうなら北千住。

悪い点・・・観覧できる場所が狭い(立ち入り禁止ポイントがある)

駅・会場が非常に混雑します。

【小菅・梅島・五反野】

良い点・・・トイレが多い
      スペースがある
      駅が比較的すいている、虹の広場

悪い点・・・会場から離れる
      ※小菅はJRなので駅が込む

北側の会場の特徴…「荒川河川敷」ならナイアガラの滝がキレイに見えます

【堀切駅、鐘ヶ淵駅(東武伊勢崎線)】

良い点・・・川上方面がちょうど千住大橋に位置し角度も斜め
      45度くらいですのでちょうど良く人出も千住近辺より少ない。

      土手に登って鑑賞する分には結構空いてます。

悪い点・・・花火が遠い、千住新橋が少々邪魔

会場付近は交通規制され、駐車場もありませんので、自動車、オートバイでのご来場はできません。また自転車でのご来場はなるべくご遠慮ください。
当日は、混雑が予想されますので、警察官及び警備員の指示に従ってください。
お手回り品には、十分ご注意ください。
花火開会中、千住新橋?西新井橋間の水域は、プレジャーボートによる入場観覧は禁止。

お役立ちグッズ

hanabi-3s

花火会場である河川敷は「まっ暗」です。
 会場内を歩くのが不安な場合は「ライトや懐中電灯」など持参されるのが
 良いかもしれません

お天気次第では、雨具やタオルなど「寒さ・雨よけ」グッズを用意するのもいいかも・・

問い合わせ先

〒120-8510
東京都足立区中央本町一丁目17番1号
足立区観光交流協会

電話:03-3880-5853
FAX:03-3880-5605
E-Mail:k-kanko@city.adachi.tokyo.jp

注)北先住でお待ち合わせの際は、北口前広場をご利用ください。
 駅付近に立ち止まりますと、後方のお客様の通行の妨げとなります。
 大変危険ですのでご遠慮ください。

注)駅は大混雑しますので、必ず帰りの切符は購入されるのをお勧めします
 

花火関連の「おもしろ」動画

まちがって2万発の花火を15秒で暴発させてしまうとこうなる・・

スマホで花火をキレイに撮影コツは?

ドローンで「空中から撮影した花火」がスゴイ!

東京の夏の花火大会 一番のりは「足立の花火」

スポンサーリンク



関連記事と広告


関連記事


サブコンテンツ