みたままつり2017【思い出】の見せ物小屋「ヘビ女」や屋台



2017 第71回 靖国神社
みたままつり
7月13日(木)~7月16日(日)
(毎年7月13日~16日開催)

東京の 靖国神社といえば、何かと、総理大臣が参拝したとかしないとかが注目されます。

しかし、靖国神社でもっともアピールしたいのは毎年恒例の夏のお祭り御霊祭り(みたままつり)」 です。

みたままつり靖国神社

例年若い人で大賑わいのみたままつりですが、思えば、おととしの2014年までは約33万人の人出がありました。ですが、あまりの混雑のため、2015年から「屋台などの出し物はなし」としたため、おとなしいものとなりました。

こちらでは・・

~~目次~~~~~~~~~~~~~~~
みたままつり2017の基礎知識
懐かしの「ヘビ女」小雪さん”
昨年の混み具合が分かる動画
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

・・などを中心にご紹介していきます。

スポンサーリンク

みたままつり2017靖国神社の基礎知識

「みたままつり」とは・・・

靖国神社は、大戦での英霊がまつられている神社であり、「御霊祭り」はその英霊たちを「皆で慰めよう」「感謝しよう」というのが目的です。

そのため、神社奥には、第二次世界大戦で活躍した、日本の戦闘機、ゼロ戦も展示されています。(入館無料)この館の中に、おみやげ売り場もあり、おまんじゅうやら、小物、本やDVDなど品数はとても豊富です。


 
みたままつりに来るお客さんは大学生や若い方も多いのですが、英霊と同年代であるのです。もしかして英霊たちも「若い人が来ると嬉しい」かも?
 


 

みたままつり2017日程
     
    ≪ 主な催し ≫
    —————————————————————
    7月13日(木) 
         
         午前11時30分  江戸芸かっぽれ《櫻川ぴん助社中》(参道)
               
         午後6時      みたままつり前夜祭【本殿・参列可】

         午後6時30分  盆踊り《千代田区民踊連盟》(大村銅像) ~8時30分
         
         午後6時40分頃 千修吹奏楽団吹奏楽パレード(参道) ~7時
         
         午後7時      奉納和太鼓《崇教真光》(拝殿前)

         午後7時      青森ねぶた《東京ねぶた連合会》(参道)
                          
    —————————————————————
    7月14日(金) 

         午後6時      みたままつり第一夜祭【本殿・参列可】

         午後6時30分  盆踊り《千代田区民踊連盟》(大村銅像) ~8時30分
        
         午後8時30分  奉納応援演舞《法政大学応援団》
                         
    —————————————————————
    7月15日(土) 
         
         午後4時     江戸芸かっぽれ《櫻川ぴん助社中》(参道)

         午後5時     神輿振り《こどもみこし・子供山車》(参道)
        
         午後6時     みたままつり第二夜祭【本殿・参列可】

         午後6時30分  盆踊り《千代田区民踊連盟》(大村銅像) ~8時30分

         午後6時30分  神輿振り《麹町靖国講》(参道) 
         
         午後7時      日本歌手協会有志奉納特別公演(能楽堂)
                       
    —————————————————————
    7月16日(日)
                       
         午後6時      みたままつり第三夜祭【本殿・参列可】

         午後6時30分  盆踊り《千代田区民踊連盟》(大村銅像) ~8時30分

         午後6時     神輿振り《芝濱睦会》(参道)
           
         午後7時      つのだ☆ひろ 奉納特別野外コンサート(能楽堂) ~8時
          
        
     ◇みたままつり期間中毎日午前10時から午後8時頃まで奉納芸能が
       境内能楽堂で行われます。日程につきましては下記予定表を御参照下さい◇
              ※現在調整中。日程が決まり次第掲載致します※

 
みたままつりは毎年7月13日~16日という日付でお祭りを開催していますので、今年は最終日が日曜日の開催になります。
 

みたままつり・靖国神社へのアクセス

JR
・中央線/総武線各駅停車「飯田橋駅(西口)」「市ヶ谷駅」より徒歩10分
地下鉄
・東西線/半蔵門線/都営新宿線「九段下駅(出口1)」より徒歩5分
・有楽町線/南北線/都営新宿線「市ヶ谷駅(A4出口)」より徒歩10分
・東西線/有楽町線/南北線「飯田橋駅(A2出口、A5出口)」より徒歩10分
バス
・九段下~高田馬場系統「九段上停留所」より徒歩1分
 

近くの駅におりれば、靖国神社を目指して歩いている人が多いので自然にに靖国神社にはたどりつけるでしょう・・

新作浴衣はいかがでしょう?

見せ物小屋の思い出話・・

 

もう一度書きますが、200軒もの賑わいがあった屋台(露店)の出店はありません(泣)

靖国神社によれば・・・ 

近年、予想を超える人出により、様々な問題が発生しており、その解決に向けて、当分の間、みたままつり期間中の外苑参道の露店の出店を見合わせることといたしました。ご遺族・崇敬者の皆様には、何卒ご理解をいただきますようお願い申し上げます。

 

しかし、名物のキレイな「提灯」はあります。

思えば、管理人が初めてみたままつりに訪れた10年以上前は、激込ではありませんでした。若い人ばかりという訳でもありませんでしたから、Twitterやら、ラインの普及が、口コミ効果を呼び、大人気のお祭りになったのではないでしょうか。

大混雑になった理由の一つとして思い当たるのは・・・

見せ物小屋の「ヘビ女」小雪さんがいたから

・・ではないか?と思いますっ!

(^∇^)″

 

「ヘビ女」の小雪さんはよかった伝説!

今はなき見世物小屋の「ヘビ女」 の小雪さん
 

靖国神社みたままつり蛇女チェーン

「みたままつり」で衝撃を受け来場者数が増えたのは、実は日本で最後の見世物小屋の演目「ヘビ女」小雪さん

※ちなみ昔は写真撮影や動画投稿などOKでした。

・・・このお方の活躍のおかげではないか?と確信しております。

見にいった人の多くは、大絶賛ヘビのパフォーマンスは、2回に1度、新しいシマヘビを食いちぎり食べる。別の1回は、前に食いちぎったヘビを使いまわすという流れです。(ここに至る前に、鼻から口に金属のチェーンを通すパフォーマンスやらも行われます)
 

みたままつり小雪さん靖国神社

上演時間(1クール15分程度)とインターバルから計算すれば、一日6匹~10匹程度は、生きたヘビを食いちぎっていて、4日間のお祭で毎年少なくとも24匹程度ヘビを食いちぎっていたと思われます。
かなりエグく動物愛護にも支障がありましたので、ここ近年は蛇を食べるのをやめ2013年ごろには「小雪さんは失踪した」という事で出演されなくなりました。

入場料:確か700円ぐらいでした。
強制的な入れ替えはないので、見たければ2回見れましたね・・

見せ物小屋のおとなりでは「お化け屋敷」も
 

感想としてはかなり「ちゃっちい!」くて「バカバカしいおもしろさ」は感じる事ができます。恐いとは何でしょう?という感じです。全体的にやっている事が昭和ぽくてなつかしいなぁという感じです。おすすめ度は「人生で1回くらいは入っても良いかな?」という感じでした・・(笑)

スポンサーリンク

昨年の混み具合が分かる動画

みたままつりの混雑は?

かつては混雑し過ぎて参道から拝殿に行くまで30分はかかりました。しかし、昨年下の動画のように、すんなり歩ける状態だったそうですから、今年もまず、問題ないでしょう。

昨年2015年はこんな感じですいていました・・

昨年2016年はこんな感じ

外国人による靖国神社の紹介動画





今もスンナリ参拝できそうな「みたままつり」

スポンサーリンク



関連記事&おすすめの記事


One Response to “みたままつり2017【思い出】の見せ物小屋「ヘビ女」や屋台”

  1. マエモ より:

    寂しすぎる

コメントを残す

サブコンテンツ