読書感想文の書き出し 書き始めが簡単になる方法!



夏休みや冬休みの宿題の中で、悩みの1つ といえば

読書感想文 ではないでしょうか?

特に 書き出し方 が分からず、初めの一行が書けない・・・

そんな状態になり、苦しんでいる人も多いと思います。
 

kakenai

そこで本日は、どのようなジャンルの本にも使える「読書感想文の書き出し方」 をご紹介いたします。中高生はもとより、大学生・社会人も使える「書き出し」の例になります。

~~目次~~~~~~~~~~~~~~~
まずは、読書感想文を気楽に書くコツ
読まずに書ける書き出し300字の例
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

スポンサーリンク

まずは、読書感想文を気楽に書くコツ

感想を正直に書いてはいけない・・

読書感想文は、あなたが「本当にどう感じたのか」を書く必要はありません!

本の多くがフィクション、つまり「作品(作り話・脚色)」であるのと同様に、読書感想文もあなたの作り出す一種の「作品」であり、すべてが真実である必要はないのです。

だいいち、あなたが本当はどう感じたのかどうかは、調べようがありません。(^∇^)″

「そう感じたことにしよう・・」であって構わないわけです。
学校が期待する「理想の感想文」を 作り上げること に徹してください。

naruhodo

学校が期待する「理想の感想文」とは、その読書により、どのような「心の成長」が得られたのかが伝わる感想文です。教育機関が提出させる課題ですから、そこに「教育的な成果」つまり「どのような学びが得られ、どのような考え方の変化があったか」を伝える必要があるということです。

このことが分かっていれば「あらすじ」を長々書いてしまうような過ちはしないはずです。
 
文章の構成(書くべき内容と順序)の基本的な例は、下記のページの「後半部分」に掲載してあります。

『鼻』芥川龍之介!読書感想文の書き方の例【朗読】つき
※読書が苦手な人も、この方法なら「読む苦労」がなくなります。

スポンサーリンク

読まずに書ける書き出し300字の例

原稿用紙とペン

自分なりの書き出し方が思いつかない場合は「その本を選んだ理由やきっかけ」を説明してみましょう。

「その本を選んだ理由やきっかけ」は、感想文を読む側も関心のある点ですので、そこから入ることは自然な展開方法といえます。

その際「読み手が関心を示す表現」を使えれば、それだけ感想文の評価も高められる訳です。

以下、そのような「書き出し」の例をいくつか紹介いたします。
 

その本が自分にとって特別な本だから選んだ・・と伝わるようにする。

この方法は長年読み継がれているロングセラー本などに使える方法ですが、読み手が思わず「なに!?」と引きこまれる書き出しです。

例えば、次のような展開はいかがでしょうか。本の内容には一切触れずに、どのジャンルの本でも、いきなり 約300字 程度の分量をうめることができます。書けない人が、無理やり文字数を埋める「裏ワザ」的文章術といえます。(^∇^)″ 

 私がこの本を読むのは、実はこれが4回目になります。初めに読んだのは小学校6年の夏休みでした。当時の私には、使われている表現や内容が難しく感じられ、本来的に著者が伝えようとしていた大切な部分すら分からずに読み終えてしまいました。読解力の乏しい当時の私でしたが、どうにも心に残る登場人物のセリフがあったため、そのセリフを口にするにいたった背景を理解しようと、すぐに2度読み返した本だったのです。
 年月を経た今回、改めて読み返えすことにしたのは、子供のころの私に影響を与えた思い出深い本だからという理由と、私にとって「感性の成長を知る手掛かり」になる唯一の本でもあったためです。(297字)

 

・・・このような「理由」があるのであれば、その本を選んだことに納得せざるをえません。また、これまでに読んだ回数を示すことで「4回も読んだ!?」と強く興味付ける効果を与えます。

読書感想文に限ったことではありませんが、文章に興味づけさせ、説得力を与える秘訣の1つが、このように「数字を用いること」なのです。

数字に関しての応用例としては・・

「私がこの本を買うのは、これが3回目になりました。」
「私がこの本の感想文を書くのは、これで2回目になります。」などもよいでしょう。

また、このような書き出しの利点には「過去の自分」と「今の自分」の2人の視点から感想を書くことができる点があげられます。つまり、本の同じ部分に対して「2人の自分」の感想を対比させながら書けるため、その後の文章の「文字数」も稼ぎやすくなるのです。(^∇^)″
 

学んだ内容を一言で表す「カッコ書き」から入る

「神はその人物が超えられない試練は与えない」~

このように、その本からの学びを一言で表す「短いフレーズ」や、要点を的確に伝える「格言」「名言」をまず書き出し、それに続けて「この本は、まさにこの教えを私の心に刻みつけてくれる本となりました。」・・のようにつなげます。

そして「なぜ、そのような学びを得ることになったのか」を「説明」していくスタイルにすれば、その後の文章は書きやすくなります。苦手意識のある「感想文」も「説明文」だと思えば、楽に書けるのです。

人間には「理由」を知りたがる心理がある

学んだことの「結論」を先に掲げることで「その理由を知りたがる心理」に働きかけることができるわけです。
 

疑問の投げかけから入る

人間には「疑問を疑問のままにしておきたくない心理」がある

「疑問に対して答えを知りたがる心理」といってもいいものですが、疑問の投げかけは、読み手の頭に「なぜ?」の感情をいだかせるものであり「意図的に欲求つくる行為」なのです。

簡単にできる心理操作的手法の1つですが、その後の文章(答え)に興味をもたせることができるというわけです。
 
 

「そんな私が偶然書店で手にしたのがこの本でした。」・・でつなげる。

読書感想文の冒頭部分で、その本との出会いを「運命的な出会い」であるような演出を使ってみましょう。

オーバーに言えば「この本との出会いが自分の人生のターニングポイント(転機)になった」と伝わるような表現を使い、読者の関心をひきましょう。

人間は「人生の転機となった原因や方法」を知りたがる

「理由を知りたがる心理」の応用例といえるものですが「人生を好転さた原因や方法」の説明を期待させることで、読み手に「ワクワク感」を与えるわけです。

そのような効果を与える表現として、次のような順序で書く方法があります。

①まず、日頃の悩みや疑問、関心ごと、最近の出来事などの説明を書く。
②その後、次のような運命的出会いを感じさせる「接続の文」でつなげる。

「そんな私が、偶然書店で手にしたのがこの本でした。」
「そんなときに出会ったのが、この本でした。」
「そのとき偶然目にとまり、手にしたのがこの本だった。」
「そんな自分に、一つの光をあたえてくれたのがこの本でした。」など

③「この本は~」で本の内容の簡単な説明に入る。
※②と③はつなげて書いてもかまいません。

 今年の二月、僕は自宅近くの公園で仔猫を拾った。真冬の寒さの中、放っておくとすぐに死んでしまいそうなほど、か細い声で鳴いていたのだ。猫を飼った経験がなかったため、仔猫にはどのような餌を与えていいものかも分からず、近くの書店に行き、役に立ちそうな本を探すことにした。知りたい情報は立ち読みで済んでしまったのだが、そのとき偶然、近くにあった本に目にとまり、手にしたのがこの本だったのだ。僕は仔猫の看病をしながら、その日のうちに一気に読み終え、これまでにないほどの大きな感動を得ることとなった。今になって思えば、その仔猫は、僕をこの本に引き合わせてくれた、正に「招き猫」そのものだった。この本は、世界で初めて、動物が人に与える癒しの効果を・・・(311字)

 
 


書き出しには「興味付ける表現」を使う
 

スポンサーリンク



関連記事&おすすめの記事


コメントを残す

サブコンテンツ