ビッグひな祭り勝浦2015【千葉&徳島そして・・】動画あり



数年前からマスコミも取り上げるようになり、ようやく全国規模で有名になりつつある「ビッグひな祭り」ですが、まだご存知でない方の為に、どんなものか動画を交えご説明いたします。

スポンサーリンク

「ビッグひな祭り」とは
     
    徳島県勝浦郡勝浦町において、毎年2月から3月に開催されているひな祭りが発祥とされている。超大型のひな壇に雛人形を飾ることから「ビッグなひな祭り」。

    後に「勝浦」という地名が共通することから全国勝浦ネットワークを結んでいる千葉県勝浦市では「かつうらビッグひな祭り」が、和歌山県東牟婁郡那智勝浦町では「南紀勝浦ひなめぐり」が開催されるようになった。

  

千葉勝浦の様子

 
2015年2月20日(金)~平成27年3月3日(火)『2015かつうらビッグひな祭り』
 
発祥地!徳島県勝浦町の様子

 
2015年2月22日(日)~4月5日(日)『ビッグひなまつり』
 
和歌山県 南紀勝浦ひなめぐり

 
2015年2月14日~3月3日『南紀勝浦ひなめぐり』

外国人の人が見たら異様な感じに思えるかもですね・・
(^∇^)″

スポンサーリンク

「日本一」が、いつの間にか「三大祭り」の一つに!?


「勝浦」の名称とはまったく関係のない長野県須坂市でも、「信州須坂しあわせ雛祭り」が開催されています。

のれん分けを受けた訳ではないため「発祥は徳島県勝浦町で、のちに派生して開催されるようになった」と説明しつつ、「徳島」「千葉」「長野」のひな祭りを「三大ビッグひな祭り」と称する展開に・・

困ったのは、本家の徳島

これまで「日本一」だったのが「三大祭り」の1つに降格??

  Σ(゚д゚lll) ガーン

長野が戦略的に、本家と千葉を巻き込んで「三大ビッグひな祭り」と称し始めたのかは不明・・・。
 
長野ではひな人形を燃やして「ひな供養」!?

 
2015年3月1日~5月10日『信州須坂しあわせ雛祭り』
 
動画を見て・・

「ひょっとしたら、雛人形業界が、供養と称して古い人形を燃やさせ、新しい人形を買わせようとする “販売促進戦略” ではないか?」と勘ぐってしまうのは私だけでしょうか?

物販の世界では、古いモノが残っていると、新しい商品が売れないため、そのようなアイデアも企画会議ではよく出ます(^∇^)”

  「長野恐るべし」・・
 

埼玉県鴻巣市では「びっくり」ひな祭り!?

さらに、埼玉県鴻巣市では、「鴻巣びっくりひな祭り」が開催されています。こちらも徳島県の本家「ビッグひな祭り」とは関係なく開催されています。

しかも、ピラミット型のひな壇としては、日本一の大きさを誇るため「日本一のひな祭り」と冠しています。

名称もなんとも「パクったような響き」であるため、本家徳島県の関係者は

「こっちがビックリですわィ!」

と言ったとか言わないとか・・

 
2月14日(土)~3月7日(土)『鴻巣びっくりひな祭り』
 

【この話題から学んだ教訓】

強者が既に存在するなら、とりあえず3番手になれるよう努力すれば「日本三大○○」の1つとしてアピールできるようになる。(^∇^)″


まずはベスト3になれるまで努力しよう!

スポンサーリンク



関連記事&おすすめの記事


コメントを残す

サブコンテンツ