粉ドレッシング味の素VSキューピー!粉末だからダイエット?



「家族になるべく野菜を食べさせたい」 とお考えの主婦の方は多いと思います。

手っ取り早いのはサラダ

そんなサラダに必需品のドレッシングについて個人的に少々悩みなのは・・・

「野菜が隠れるくらいドレッシングをかけられる」

・・・という点です。

スポンサーリンク

ドレッシングだって塩分油分糖質も入っているし、カロリーオフとうたったモノでも、あまり沢山使われたら体に良いのか疑わしい気持ちでいました。

野菜も食べたいが、ドレッシングが気になりダイエットの自分としては・・(><)

といった思いも多いのではないでしょうか?
 

それに、私の場合、液体ドレッシングは「ビンを洗って捨てる」手間がめんどくさいなぁとも・・・

そんな個人的な悩みも解消する新商品

「粉ドレッシング」 を紹介します。

サラダのマンネリ化解消!?粉ドレッシング

サラダって野菜などの具在が何種類か必要になりますが用意する手間や材料費、また使いきれないなどの不便もあります。

その問題解決に大手食品メーカーが相次いで取り組み発売されるのが「トッピング入り粉ドレッシング」

既に、味の素はサラダ用粉末調味料「トスサラ」を、2014年2月3日から首都圏1都7県で先行発売。

味の素では忙しい主婦にアンケートを取った結果・・・

「見栄えが良く食感に変化があり、おいしくて簡単にできるサラダ用調味料が必要」と考え開発。

do3
 
 
キユーピーも2月21日からサラダ用粉末調味料
「キユーピー 彩りプラス+」を発売。
do2
 
 
昔からドイツのおみやげとしても
「クノール/Knorr粉末ドレッシングの素」 が人気です。

do

ただし、こちらは「水・オイル 各大匙3+本品」を
シェイクして作るちょっとひと手間いる商品
です。

 
 
粉状であるメリットは沢山・・・

野菜の水分を完全に切らなくて良い
  (水分がある方がよりなじむ)
お弁当など持ち歩ける
自宅での保管が楽
他のレシピにも広く応用が利く
  (フライドポテトやパスタ、オムレツ、まぜごはんetc)
ゴミ(ドレッシングの瓶がない)捨てが楽

 

むしろこんなにメリットがたくさんあるのに今まで粉状のドレッシングがなかったのが不思議なくらいです。

スポンサーリンク

 

パウダードレッシングは欧米では主流だった!

大手メーカーが売り出した粉ドレッシングですが、先見の明のある【うね乃】さんでは、以前から

「粉だしドレッシング(無添加)」を販売しています。

こちらは顆粒の「だし」でドレッシングやシーズニングとして提供してくれています。
 

そう考えると・・・

粉ドレッシングは自宅でも手作りできるのではないか?
 

洋風なら

コンソメ、粉チーズ、塩コショウ、クエン酸、ガーリック

和風なら

顆粒ダシ、七味、塩、ゴマ、ノリ、ワカメ、昆布・・・・

あれっ?家にあるものでサラダに味付けって出来る;
と今さら気がつきました。

それに「ふりかけ」だってもう少し工夫したら

調味料として使えそうですし、

ポテトチップなどのスナック菓子も
トッピングとして十分にイケます。

「ドレッシングとは液状のもの」という固定概念が崩れると、今までしてきた事はなんだったのか?

と気づかされる事もあります。

それでも、出来上がった粉ドレッシングをサッとふりかけた方が速いし楽なのは確かです。

 
さらに、あまり語られていませんが・・・

油を使わない分、食器洗いも楽です。

つまり、ダイエット効果食器を洗う時間の節約、という2点が、私にとってはとても嬉しいのです。

今後は大々的に全国発売も始まるでしょうから、ちょっとした日本の食革命が始まりそうです。


ドレッシングは液体でなければならないと決めつけない

スポンサーリンク



関連記事と広告


関連記事


コメントを残す

サブコンテンツ