ディズニー新作【実写版】映画続々!2014年秋以降!



今年はディズニー「アナと雪の女王」

「レディゴ~♪」が話題になり映画館で大合唱!

なんてニュースを聞いたのもつい最近ですが

新作「マレフィセント」が公開して即効
興行収益ランキングはマレフィセントが堂々1位

さすがアンジェリーナジョリーさん!

今回お嬢さんも当作品に出演と言う事で
プライベートさらけ出すサービス精神に加え
美貌・実力・知名度No.1のボランティア女優です。

スポンサーリンク

そして、今後のディズニーは・・・
実写映画に力を入れてきます。
 
注目するのは「悪役」

次のスター・ウォーズはディズニーに買収されて
賛否両論の中『スター・ウォーズ:エピソードVII
StarWars:Episode VII』2015年12月18日全米公開予定

 
夢と希望を売るディズニーが
ダークサイドの暗黒面に落ちたのかっ!? 

(;;゜д゜;;))

 
・・・と、言うわけでもなく

マレフィセントを既にご覧の方はご存じでしょうが
(意味 マレフィセント=有害な、悪事を行う)

【本当に悪いのはだれか?】

というストーリーです。(プチネタばれ謝罪)

今後登場する名悪役作品も
悪役なりのトラウマや理由等も描かれるのかも
しれません。

ディズニーは悪役の時代の新作映画として

実写版 【美女と野獣】
2014年11月1日日本公開決定!

隠されていた野獣の過去が明らかに

 
『美女と野獣』(原題:La Belle et La Beta)

こちらでは、原作小説をもとに野獣の
「隠され続けてきた過去」にスポットを当てる。

なぜ、王子は野獣の姿になったのか?
彼はどんな罪を犯したのか?

ほとんどの作品の中で描かれていなかった
真実が明らかになる。

そして野獣役には『ブラック・スワン』で傲慢で
女たらしのバレエ団監督を演じた
ヴァンサン・カッセル(適役!脱いでも野獣)

『サイレントヒル』のクリストフ・ガンズ監督。

ヒロイン・ベルは2013年の
カンヌ映画祭でパルム・ドールに輝いた
フランス女優のレア・セドゥ

実写版 【ジャングル・ブック】

『アイアンマン』監督がメガホンか?

オファーされているのはジョン・ファヴロー監督

来年の撮影開始を目指し監督と交渉中だという。

「ジャングル・ブック」はノーベル賞作家
ラドヤード・キプリングが1894年に発表した短編小説集。

ジャングルで育った少年モーグリを主人公にしたストーリ
1967年にアニメ映画化、1994年には
ジェイソン・スコット・リー主演で実写化されている。

 
『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』チンピラ役
『ドラゴン/ブルース・リー物語』

ブルースリーの息子じゃありません。

インドのゲーム・アニメーション制作会社
DQエンターテインメントがジャングル・ブックを
3Dアニメ映画化すると2012年6月発表しており

同社の第1作になる予定なのでインドのIT産業力で
もっと噂を聞いても良さそうなのですが
ディズニーの実写化の話とややかぶりです。

こちらのアニメもディズニーの暗黒面に呑まれるのでしょうか?

その辺が心配でジョン・ファブロー監督も考え中??
ちょっと心配です。

スポンサーリンク

実写版【チップとデール】シマリス兄弟

こちらはちびっこ向け健全なキャラの実写化です。

実写映像に動物のCGが合成されることになり

「スマーフ」や「アルビン 歌うシマリス3兄弟」を
ほうふつとさせる作品になるという。

ちなみにチップとデールは「プルートの二等兵」で
初登場したシマリスでディズニーの短編映画で活躍している。

実写版【101わんちゃん】三度の登場!

前作「101」「102」の悪女、
クルエラ・ド・ヴィルを主人公にした

実写映画「クルエラ(原題)」も製作が決定!

毛皮大好きファッションデザイナーの
クルエラ・ド・ヴィルを演じたグレン・クローズは
今回、製作総指揮者として制作に参加する。

新作のキャストはまだ未定でグレン・クローズが
超当たり役だっただけに、新作のクルエラ役に
誰が選ばれるか?

そしてなぜ毛皮にこだわるのか?

あたり作品では描かれるのでしょうか?

それにしてもグレンはオシャレな意地悪おばさん役
が多いですね。

新作日本公開版のサポータには
ファッションモンスターのキャリーパミュパミュ
が良いと思います。

実写版 【シンデレラ】2014年公開予定?

10年5月から「シンデレラ」の映画化を準備してきたそうですが
実写映画ラッシュなので公開タイミングをはかっているのでしょうか?

今回シンデレラにはエマ・ワトソンが断ったので
イギリス女優のリリー・ジェームズ。

リリーは「タイタンの逆襲」とかNHKが力入れている
ハイソなメロドラマ「ダウントン・アビー」の
ローズ・マクレア役の女優

このリリーさん、ドジっ子の方らしく;

シンデレラの衣装のスワロフスキーをちりばめた
ドレスのふちがヒーターに触れ一部が焼けてしまい
ショックで号泣。

父役のベン・チャップリンが
『シンダー(シンデレラ=灰)のジョークを言うのは
しばらく待つことにするよ』とオヤジギャクで
泣いている彼女をなぐさめたそうだ。

衣装デザイナーのサンディ・パウエルは
ドレスが修復不可能なほど燃えずにすみ、安堵し
「リリーがやけどしなくて本当に良かった」とのコメント。

「あ~あぁ、エマ・ワトソンだったらな~」とは
言わなかったらしい。

また魔法使いフェアリー・ゴッドマザー役に
ヘレナ・ボナム=カーター

意地悪な継母トレメイン夫人はケイト・ブランシェット
ケイトのヤツれっぷりは神経症的で適役です。

公開されたらドレスに注目です。

実写版 【アリス・イン・ワンダーランド】

ご存じ「不思議の国のアリス」の当作

ジョニー・デップも再出演するようで
続編製作も本格的に始動!

前回主人公アリス役に起用された
ミア・ワシコウスカは、同作をきっかけに
売れっ子女優へとブレイクしました。

「鏡の国のアリス」ってありましたから
そちらのお話でしょうか?

ジョニデ様は相変わらずキワモノを
演じるのがお好きです。

実写版 【ダンボ】

ダンボと言えば耳のデカイ空飛ぶ象
そのダンボが実写化します、もちろんかなりのCGでしょう。

現時点では脚本がトランスフォーマーシリーズの
アーレン・クルーガー氏

オリジナルを忠実に映画化するのかどうか?
現時点では不明。

ディズニー側は、CGを駆使して空飛ぶ象・ダンボを
描く意向を示しているとのこと。


 
メディアが扱う題材がアンチ物やダークな内容の時は
社会情勢が落ち着いている時期だとも言われます。

(逆にハッピーな内容や優しい内容の時は世の中が暗い時)

ディズニーが悪役を取り上げると言う事は
これから社会が明るくなる兆しかも?

映画の公開を楽しみにしましょう。


アニメと実写で2度おいしいディズニー商法に注目!

スポンサーリンク



関連記事&おすすめの記事


コメントを残す

サブコンテンツ