東京湾花火大会2015混雑&【穴場チェック】の注意点



東京湾花火大会・・

正式名称は、

東京湾大華火祭

昨年は無事開催されましたが、一昨年は台風で中止でしたね。
今年もなんとか開催してもらいたいということで、今回こちらでは・・・
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
2015年の日程や穴場ごとの雰囲気
穴場チェックの際のポイント

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
これらを中心に掲載してみました。

穴場チェックの際のポイントは見落としがちな注意点の指摘でもあります。

スポンサーリンク

東京湾を舞台に繰り広げられる都心の大花火大会。

本来なら、下記の動画のように、レインボーブリッジや東京湾の夜景を背景にした百花繚乱の花火は見応え十分!

都内で行われる花火大会では「スケールの大きさ」および「混雑ぶり」ともにNO.1ともいわれています。

名人と呼ばれる花火師制作の 尺玉20発 も見所です!

 

なお、晴海会場 は、入場整理券または協賛招待券のない方は観覧できません・・・

その場合、以下で紹介する穴場で見学しましょう。

2015東京湾花火大会 開催日程

2015年8月8日(土)
18:50~20:10


荒天のため実施できない場合は中止となります。
順延はありません。

以下のデータは昨年発表のものです。

打ち上げ花火数 約12,000発

交通規制

当日、中央区内では「晴海」「勝どき」および「豊海」
中心に、大規模な交通規制を実施します。

入場整理券・協賛招待券が必要な公式会場

以下の会場は大混雑につき、入場整理券協賛招待券が必要になります。

無料の入場整理券が必要な公式観覧場所

晴海主会場(抽選)
晴海第二会場(主会場と合わせて抽選)
豊海運動公園(チケット不必要。早い時間から埋まり始める)

協賛金の必要な公式観覧場所

日の出協賛会場(協賛金1口7000円)
豊洲第一会場(協賛金1口7000円)
ほっとプラザはるみ会場(協賛金1口5000円)

※昨年の価格参考です。今年の詳細が分かり次第掲載します。

どこのエリアも内部は自由席です。

そんため、チケットを得たとしても、
早めに場所取りをする必要があります。

整理券等の応募はこちらから

早いに越したことはありません。
昨年残念な思いをした方は、今年はお早めに!
 

スポンサーリンク

当日の風向きチェック法 + 穴場スポット

花火大会は、風向きによって
花火が煙で見えにくくなる方角があります。

見物場所は、複数あるわけですが、風の影響で
毎年見えやすい方角はかわります!

Yahoo!の風向き予測のページで、
3時間ごとの風向き予測を活用する!

Yahoo!風向き予測
風向きと照らし合わせるための地図

以下は、地図中に示した、おすすめの穴場スポットの解説になります!

竹芝地区

竹芝ふ頭公園からレインボーブリッジ側なら
発射台から打ちあがる花火が見えます。

雰囲気も◎。場所取り サウスタワー側は朝早くから殆ど埋まる勢い。

ノースタワー側は条件の良い場所から埋まります。
いづれにしても場所取り合戦はおすすめ場所の中でも
一番激しいそうです。

日の出埠頭~芝浦埠頭

エリアが広いため、眺めも雰囲気も、平均をとれば
○ですが、場所によっては◎。

場所取りもやや早めに確保する必要があります。

竹芝同様、お台場開発以前から、
花火観覧スポットとして知られており、
発射台も見えます。

日の出桟橋、レインボーブリッジ遊歩道入口の近くなど、
東京湾が見える場所なら観覧可能です。

なお、日の出桟橋については、上記日の出協賛会場の情報も
参考にしてみてください。

天王州~品川埠頭

眺め   下の方の花火が見づらい
雰囲気  天王州よりのほうが◎

場所取り 他の埠頭より比較的楽

尺玉など、高く上がる花火は見えますが、レインボーブリッジと
倉庫があるため低い花火は見えずらいようです。

品川埠頭は、当日16:00~21:30は車両通行禁止に(循環バスもその時間帯は迂回)
車で行かれる方は、天王州アイル付近の駐車場に止めて、歩いていきましょう。

「場所取りに苦労するのはイヤだけど、とりあえず少しは見たい」という方にはいいかもしれません。

お台場地区 「潮風公園」

眺め   夜景付き、良い!
雰囲気  カップルには良い
場所取り 厳しい・・・

電車や車でのアクセスも良いので、 場所取り合戦は熾烈です。
ただし帰りのゆりかもめはラッシュ並に混雑し乗れない場合もあります。

場所取りは遅くとも昼頃までには現地入りがベター
お台場海浜公園よりは距離は離れますが、混雑度は低めです。

アクアシティお台場

眺め   レストランは良いが、屋上は壁に邪魔されて一部見えない
雰囲気  ○
場所取り レストランの予約次第・・・

毎年屋上を開放しているアクアシティ。
当日朝10時から3階「女神のテラス」で
整理券を先着順で配布、無くなり次第終了になります。

聖路加ガーデン 佃大橋から下流側の隅田川流域

眺め   夜景は良いが花火は一部欠ける
雰囲気  ○
場所取り 展望台は狭いので厳しいが 隅田川流域は穴場で○~◎

聖路加の近くの隅田川護岸(佃大橋から下流側、佃公園)は花火は
少し遠めで一部欠けますがそこそこ見え割と人が若干少ないのが良いです。

さらに大通りや駅が近いため(東京メトロ築地駅ほか)行きや帰りの脱出が楽です。

聖路加ガーデンの 展望室への入場可否、レストラン事前予約もおすすめ

浜松町周辺および世界貿易センタービル展望台

眺め   視界が確保できれば◎
雰囲気  ○
場所取り 世界貿易センタービルは厳しいがそれ以外は穴場

日の出協賛会場、竹芝地区からも近く、JR浜松町駅、東京メトロ大門駅周辺。
欲張らなければ、意外と観覧できる場所がありそうです。

世界貿易センタービル40Fが展望台は入場料は620円で
打ち上げ台からレインボーブリッジを眼前に見下ろせます。
(満員になった時点で入場制限、だいたい18時前後)


東京湾花火大会では、特に事前の段取りがとても大切!

スポンサーリンク



関連記事&おすすめの記事


コメントを残す

サブコンテンツ