調布市花火大会2017【穴場の場所取り】注意点



midokoro-hanabi
 調布の花火のいいところは・・・

最大8号玉や伝統的な、スターマインなどが打ち上げられ、
魅力的なプログラムの大規模な花火大会なのですが

スポンサーリンク

大人として最大の魅力は・・・

「迫力があるのにゆったり楽しめる」

ということです。

昨年の夏に実施された調布市花火大会の人出は35万人ですが

花火は好きだけど、混雑するのはちょっとな方は
おすすめの花火大会なのです。

他の都内の人気の花火大会は・・・

隅田川花火大会   95万人
江戸川区花火大会  90万人(市川側と合わせると135万人;)
東京湾花火大会   65万人
足立花火大会     59万人
いたばし花火大会  54万人


と大混雑かつ場所取り、アクセスも年密な計画が必要になるのですが
ここ調布はすべてが割と余裕なのです!

混雑する時間には「自分のペースで歩けない」込み合い方はするものの
電車に至っては特に川崎側はゆったりと帰路につくことができた
なんて声もあるほどです。

2017年 調布市花火大会 日程

hanabi-3s映画のまち調布「秋」花火2017
(第35回調布市花火大会)

    
【開催日】 2017年10月28日(土)
   
      打ち上げ 17時30分~18時30分(予定)
      ※順延日なし。実施の可否は当日午前10時までに決定。

【 会場 】 調布側多摩川河川敷
      布田・国領会場河川敷
      京王多摩川会場河川敷
      川崎側多摩川河川敷

 

【交通規制エリア】http://hanabi.csa.gr.jp/access.html

【 主催 】  調布市花火実行委員会
【事務局】  〒182-8511 調布市小島町2-35-1
【 電話 】  042-481-7311/ FAX 042-481-7780
【有料観覧席情報】http://hanabi.csa.gr.jp/

例年、布田・国領会場と電気通信大グラウンドに有料席が設けられています。
 
夏に実施された際の参考金額
———————————–
電気通信大グラウンド 自由席(定員1人)シート90×90㎝ 2000円
升席(京王多摩川会場20人) 100,000円/ 指定スペース
———————————–

商売上手な電気通信大さんです。(^∇^)″

スポンサーリンク

風向きを考慮して今年の穴場スポットを考える!

花火見物においては、

風向きはとても重要です。

せっかく良く見える場所がとれても、
風下になってしまった場合、
煙で花火の光がよく見えません。

実は、風向きの影響で、ほぼ例年調布側に煙が流れるので
純粋に花火を楽しむのは川崎側がいいんです!

 

また、1時間ごとの風向き予想を教えてくれる、
下記のサイトを利用しましょう!

風向き速報
yazirusi4
Yahoo!の風向き予測
(東京エリア)

 
 
地上の風向きと上空1000mの風向き両方が見れます。

当日の調布周辺の風向きをチェックして、
調布側で見るか、川崎側でみるかなどを決めましょう!

下記の周辺地図と、以下に紹介する穴場とを
照らし合わせて、花火を見る場所の参考にしてください。

無料の穴場スポット

 
調布側の場所取りは、前日以前は禁じられているので
当日は早目の到着をお勧めします。

調布側のメリットは・・・

屋台が多い
音楽と花火の競演の音楽がちゃんと聞こえる
場所取りは15時くらいならまだ大丈夫

と都内の他の花火大会に比べたらまだ
時間に追われ場所取りしなくても済みそうです。

もし涼みたいなら

「調布市立中央図書館」
「調布市立図書館染地分館」会場近く

このあたりは、静かで落ち着けるそうです。

hanabi-3sおすすめの穴場としては・・・

イトーヨーカドー国領店の屋上 京王線国領駅徒歩10分 

夏に実施された際、屋上を開放してくれていいましたので、今年も開放してくれるでしょう。
要確認。地元の人には人気なので早めに行くのが良いかも。

下布田公園 調布駅と布田駅の中間点

トイレ、水道設備もある広い公園で打ち上げ花火なんか
バッチリ見えちゃいます♪

川崎側の穴場なら・・・

例年花火の煙が調布側に流れる傾向にあるので、
川崎側もイイと言われています。

川の対岸が、全て無料スポット。
夕方迄には、場所取りに到着しましょう。

川崎市側の多摩川の土手 南武線稲田堤駅、徒歩10分

多摩川の調布側は綺麗に整備されていて
ベストポジションは有料席になっていますが
向かいの川崎市側は有料シートもないのでいい位置で花火が見れます。

川崎側の穴場情報としては・・・

稲田公園 稲田堤駅

稲田少年野球場周辺 稲田堤駅
 
稲田公園の隣になります。
こちらも打ち上げ場所からは少し離れてるものの花火は良く見えます。

京王線の高架下(川崎市側)稲田堤駅徒歩8分

河川敷で線路の高架下はだいたい場所取りがしやすい
穴場スポットになっています
ただし電車の音はありますが。


花火見物は 「穴場」 + 「風向き」 を考慮した場所選びをする

スポンサーリンク



関連記事&おすすめの記事


コメントを残す

サブコンテンツ